日本語教育


ニュース

日本語教育のプロフェッショナル

クラス写真

クラス写真

大阪YWCA専門学校日本語学科の一番の特色は、講師陣の質の高さです。日本語を学ぶ人たちの多様化にともない、あらゆる学習者のニーズに対応できるプロフェッショナルな講師が必要とされています。

大阪YWCAの日本語講師は全員「大阪YWCA日本語教師会」の会員です。厳しい入会試験に合格した日本語講師だからこそ、質の高い授業をすることができるのです。教師会では日本語教育に関する知識を深め、教授能力を高めるために研修会や研究会を行い、日本語教育現場の様々な課題について各自が発表しあうなど、常に教え方のスキルアップをはかっています。

また、大学や企業、自治体等の外部機関においても、日本語教育の提供や指導にあたるなど活躍の機会は多岐にわたり、その技術と指導力は高い評価を得ています。

YWCA独自のオリジナル教材とカリキュラム

オリジナル教材

独自に開発したオリジナル教材を使用

大阪YWCAの日本語の授業では、独自に開発したオリジナル教材を使用しています。

経験豊かな日本語講師が、それぞれのコースごとに学習者のニーズに合わせたカリキュラムを組み立てます。特に短期コースでは会話力を重視したカリキュラムを開発、すぐに使える実用的な日本語を習得できます。また、テキストの開発にも力を入れ、これまでに多数の書籍を出版しています。

1969年から始まる日本語教育の歴史

大阪YWCAの日本語教育は、日本の高度成長期にあたる1969年に、日本語教師の育成をするところから始まりました。

質の高い日本語教師養成講座で訓練されたプロの日本語講師が、専門知識とスキルをもって指導ができる環境が整い、1977年には帰国した中国残留邦人のための日本語教室がスタート。翌年には、仕事や結婚等で来日した一般外国人のための日本語クラス、さらに全日制の日本語学科を設置し、多様な日本語学習者が集う学びの場となりました。
2001年には、厚生労働省からの委託を受けて「近畿中国帰国者支援交流センター」を開所。日本語教育だけでなく、職業訓練や地域交流活動にも積極的に取り組んでいます。

外国にルーツを持つ子ども達の支援など、常に求められ、応えられる存在として活動を行っています。


歴史・沿革

1969年
日本語教師養成講座開講
1977年
中国帰国者のための日本語教室開始
1978年
一般外国人のための日本語教育開始
1985年
全日制の日本語コース開始
1987年
大阪YWCA専門学校に日本語学科本科設置
1988年
大阪中国帰国者自立研修センター開所(大阪府委託事業)
1989年
日本語教師会設立
1989年
日本語学科本科が日本語教育振興協会の認定を受ける
1994年
文部省(当時)補助事業「教材等研究・開発」研究協力(1995、1996、1999年)
2001年
近畿中国帰国者支援・交流センター開所(厚生労働省委託事業)
2006年
「聞いておぼえる関西(大阪)弁入門」ひつじ書房より発行(新訂板)
2008年
「くらべてわかる日本語表現文型辞典」Jリサーチ出版より発行
2008年
日本語教育学校支援事業(大阪府教育委員会委託事業)実施(2009、2010年)
2010年
「くらべてわかる初級日本語表現文型ドリル」Jリサーチ出版より発行
2011年
文化庁委託「生活者としての外国人」のための日本語教育事業
「地域で活躍できる!日本語ボランティアになる講座」開催(2011年)
2012年
「くらべてわかる中級日本語表現文型ドリル」Jリサーチ出版より発行